海外大学 ムーブ・イン・デイ move-in day①

move-in day、ムーブインといえば、大学の寮に入る日のことです。

大学によって日にちが決められており、
9月入学なら8月最終週から9月にかけての数日から一週間が普通です。

新一年生(freshman)にとっては、大学生活を始める大事な日でもあり、
大がかりな引っ越しの日でもあります。

現地の学生ですと、家族と車にスーツケースや段ボール箱を積み込んで、
16時間かけてやってくる、なんていう日です。
(荷物を下ろしたらハグしてパパママはまた16時間かけて家に帰る)

この日は大学側にとってもスペシャルな日なので、
職員、学生バイト、もろもろ総動員して新学期の始まりがスムーズにいくよう、
万全の体制を整えて新入生と上級生を迎えます。

この日から、新学期のオリエンテーションや新入生歓迎イベントなどが
目白押しなので、特に留学生は時差ボケで寝過ごしたりして大事なことを
聞き逃したりしないよう注意が必要です。

海外大学を考えた時、ムーブインは親がついていくのか、
他の留学生はどうしているのかわかりませんでした。

そんな折、娘が海外大学に進学を決めたとわかると、通っていた英語塾から、
海外生活をサポートするプログラムを勧められました。

ムーブインの日のお手伝いからレポートの添削などなど、
現地で困ったことがあればいつでも相談に乗ります、というサービスです。

そのコーディネーターさんは、自分のお子さんが海外大学に入学する時、
ムーブインに一緒に渡航し、レンタカーを借りて家財道具を買いそろえ、
銀行の口座を開設し、スマホを契約したそうです。

「大変ですよ~お母さんできますか~?」
「このプログラムに入っていただければすべてお手伝いしますよ」

「はあ、おいくらですか?」

「年間およそ60万円です」

「はい、一人で行かせます」

全く海外が初めて、というお子さんには心強いサービスでしょうが、
娘は高校2年の夏に短期留学を経験しています。
これも一人で行ったので、大丈夫だろうと思いました。

大学側も、留学生には手厚いサポートを提供しているはずです。

というわけで、2019年8月末、娘は一人で成田空港から旅立ちました。

②に続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。